「価格の安さ」が売りの高速バス、そのメリットとデメリット

高速バスの魅力は、何といってもその圧倒的な安さ。
新幹線や飛行機に比べると格段に安いので、浮いたお金を別のことに使うことができます。
私も何度か利用したことがありますが、その安さには毎回びっくりしてしまいます。
往復でも新幹線片道分の料金に及ばないので、お得感満載です。

「安さ」が売りの高速バスですが、実はそれ以外にもいいところがあるんです。
夜行バスの場合は、寝ている間に移動できて早朝に目的地に着くので、旅先での時間を有効に使うことができます。
新幹線や飛行機の場合、そうは行きません。
スケジュールがタイトな旅の場合は、もしかしたら夜行バスの方がいいかもしれません。

でも、あんまり朝早すぎるのも困りものです。
以前夜行バスを利用した時、目的地への到着が朝の5時台だったんです。
行先は国内のとある観光地だったんですが、交通機関は動いていないし、飲食店も開いていない。
何をして時間をつぶしたらいいかわからず、困ってしまいました。
都会なら24時間営業のお店なんてたくさんありますし、時間をつぶす場所には困らないんでしょうけど・・・。
そういうところがない場所もあるわけですから、もうちょっと到着時刻を考えてほしいですね。
せめて電車やバスが動き始める時間に合わせて欲しいです。

旅行はバスで

通勤にも高速バス
電車の乗継より高速バスの方が時間短縮になったという会社員もいます
www.489.fm/

そういうデメリットを加味しても、やっぱり高速バスは魅力です。
最近はゴージャスさや快適さを売りにしている高速バスもあります。
今度どこかに旅行に行く時は、そういうちょっと特別感のある高速バスを選ぶのもいいかもしれないなぁと思っています。
移動手段をアレコレ悩むのも、旅の醍醐味と言えますね。